赤ちゃんアトピーのスキンケア!TOP ≫  赤ちゃんとアトピー

赤ちゃんとアトピー

【NEWS】日本の大学グループがアトピーの原因タンパク質を特定!

今たまたま見つけたんですが、
2012年6月12日のサイエンスポータルにこんなニュースが。

sciencdportal.jpg

【アトピー性皮膚炎の仕組みと原因タンパク質を特定】とありました。
もしかしたら、僕だけ知らなかったっていうパターンもあるのでその場合ちょっと恥ずかしいんですが、自分なりに調べてみました!

ペリオスチンとは?

元々1999年に東京工業大学の教授である工藤明氏によって発見され、アトピーの原因タンパク質であるという事は、佐賀大学医学部の出原賢二教授、九州大学、岐阜薬科大学などの研究チームによって発表されたそうです。

研究チームは、アトピー性皮膚炎の患者の皮膚組織や血液中に「ペリオスチン」というタンパク質の量が多いことに着目した。ペリオスチンは、アレルギー物質(抗原)が体内に入り活性化した免疫細胞から分泌された物質(インターロイキン4、13)が刺激となって作られる。できたペリオスチンが皮膚の角化細胞表面にある別のタンパク質「インテグリン」と結合することで炎症を起こすことが分かった。

さらにペリオスチンがインテグリンと結合することによって新たな炎症誘発性物質が産生され、抗原がなくても症状が継続して慢性化する「悪循環」の仕組みを突き止めた。マウスを使った実験で、ペリオスチンとインテグリンの結合を阻害したところ、アトピー性皮膚炎は起きなかったという。


要するに、

アレルギー物質が体に入る
   ↓
『インターロイキン4,13』とかいう謎の物質が『ペリオスチン』を作り出す。
   ↓
「ペリオスチン』が皮膚にある『インテグリン』と結合する
   ↓
結果として炎症が起きる


つまり、この結合が起きなければおっけーという事らしいです。
このタンパク質が原因であるとわかったことによって、ステロイドや免疫抑制剤といった副作用のある薬品ではなく、今回の発見によって副作用の少ない新薬の開発や治療に期待が出来そうとのこと。

流石に完治させることが出来る薬が出来るのかなぁと期待したんですが、流石に底までは言及されていませんでした。やっぱり薬を使うことによってこの結合を邪魔する以外ペリオスチンに関して何かできないのでしょうか。今後に期待ですねー!!!

米丸温泉の湯|温泉水を親戚が送ってくれました。

湯治に行きたいなーってブログに書いていたらブログを見た鹿児島の親戚がわざわざ買って送ってくれました。
米丸温泉の湯

( ゚д゚)ノじゃーん

すごい、色すごい!オレンジジュースみたい!
鹿児島の米丸温泉というところの温泉水らしく、飲むことは出来ない分濃くてアトピーとか慢性皮膚病にいいって言われているらしーです。赤ちゃんに試してみて〜ということで送ってくれました((´∀`))
コレを肌に浸すといいらしいんですけど、すぐ無くなりそうなのでちょっといい使い方ないか聞いてみようと思いまーすヾ( ・∀・)ノ

追記:いつの間にか売ってました!
米丸温泉の湯公式ページ

最近噂の「よかせっけん」で赤ちゃんアトピー改善?

いつの間にか4月に入っていました〜前回に比べて大分暖かくなりましたね!
だんだん朝も起きやすくなってきましたし、桜も咲いて、
いやぁ〜春ですね〜。
皆さんお花見は行きましたか?僕は残念ながら行けていません(;´∀`)

そういえば、最近石鹸が注目されているような気がするのは僕だけでしょうか。
なんか良く耳にするんですよね〜。
そこで、その中でも良く目にする「よかせっけん」という石鹸について調べてみたいと思います。
もしかしたらこのブログを見ている皆さんはすでに知っている可能性が高そうです(笑

★よかせっけん


yoka-sope.jpg
●つかってみんしゃいよか石けん(ジャータイプ) 医薬部外品
●価格 1,890円(税込)
●内容量/80g

基本的な部分はこんな感じ。
チューブタイプもあるので使いやすいタイプを選ぶことができます。
このブログに挙げるということは当然ですが
アトピーのこどもたちに使ってもしみたりせず問題ないようです。
洗浄力も丁度良く、保湿効果もあるようなのでアトピーに向いていますね〜。

★シラスバルーン


photo_shirasu-baloon.png
そしてこのよかせっけんの売りである「シラス配合」。
このよかせっけん販売元の長寿の里は鹿児島にあるそうなんですが、
鹿児島といえばシラス台地。
洗浄補助成分としてよかせっけんにはその「シラス」を配合しているところのようです。
シラスとは、成分のうち70〜80%がガラスであって
このシラスを約1000℃で熱処理を行うことによってとても小さい空洞のあるガラスの粒のようなものが出来、これを「シラスバルーン」と呼んでいるそうです。
このシラスバルーンに開いている穴に汚れが吸着して肌をキレイにしてくれるんだそうです。

赤ちゃんアトピーへの直接な影響としては、
保湿効果があるという事と、必要以上の刺激がないというところでしょうか?

このシラスバルーンは、洗顔以外にも色々なものに使われており
耐熱性、防音性、軽量化などなど色々な分野で活用されているんですね〜。

詳しくは、下記リンクURLに載っていますから気になった方は見てみて下さい〜
SILAX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。