湯治

米丸温泉の湯|色んな使い方を考えてみました

前のブログ記事の米丸温泉の湯|温泉水を親戚が送ってくれました。以降、わざわざ送ってくれた親戚にどうやって使うの?と聞いたら、「温泉と同じぐらいの熱さに沸かしてそれを肌につけるんだよ」って言われました。

といっても、正直、手と足にしか使えないんですよね。

顔とか膝裏だとか体の先じゃないところはどうしても難しい!

米丸温泉の湯

そんなわけで、どうにか使いやすくできないかと思い、ネットで調べてみると、温泉水100%のスプレーが売ってました。

例えば150gで1500円のスプレーとかで。
でも、100円ショップとかでスプレーボトル買って、そのまんまもらった温泉水シューってやれば超オトクな気がするんですがどうなんでしょう?

多分そういうことですよね。ちょっと今度やってみます!!

赤ちゃんアトピーと湯治

アトピーの民間療法の1つとして「湯治」というものがあります。

b05.jpg

湯治っていうのは、温泉など「お湯」で
アトピーやその他傷を治療するっていうことなんですが、
「赤ちゃんもやって大丈夫なのかな?」
と思ってあまり湯治に関しては触れていませんでした。
赤ちゃんの肌って大人よりデリケートですし。

ちょっとそこら辺をはっきりさせておきたいと思って
調べてみると普通にやってる方がいっぱいいたのでちょっとびっくり。

例えばこちら、【ベイビー湯治のはじまり】
よくよく考えれば赤ちゃんが温泉に入れないという話は聞いた事無いですし、
湯治できないというのは考えすぎでしたw
んー、湯治と言っても温泉に入ることは変わりませんし
赤ちゃんのスキンケアの為に行くだけじゃなくて
お父さんお母さんの日頃のストレス解消になって
とってもよさそうですね〜湯治の旅!

なかなかそんな時間取れないよ!っていう場合は、
こんな便利なものもありますよ〜
温泉水が売ってます!俵山温泉の浴用温泉水
赤ちゃんだったら浴槽も小さいですし、
場合によっては化粧水みたいにして
アトピーの部分にスキンケアとして
スプレーとか塗ってもいいって聞きました〜。
巨大な化粧水を買うような感じですねw

お試しあれ〜((´∀`))
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。